全市立中学校にAED 京都市教委

全市立中学校にAED 京都市教委
配備後の取扱方法につての、講習も授業に入れてくれると、いいと思います。

---記事抜粋---
3月11日7時50分配信 産経新聞

京都市教委は10日、今月末までに全市立中学校にAED(自動体外式除細動器)を配備する方針を明らかにした。保護者会や校長会から要望があった。
市議会予算委員会の質疑で、山本雅之・体育健康教育室長が答えた。
同市教委によると、市立中学75校のうち現在AEDが配備されているのは20校。8校は寄付を受ける予定があるため、残る47校について備品購入費から1250万円を充てて購入、今月中に配備を終えるという。
市教委は平成17年度から市立学校へのAED配備を始めており、市立高全9校と、総合支援学校全7校は配備を終えている。今後、市立小学校についても配備を拡大していく方針。

posted by お助けマン at 10:55 | Comment(23) | TrackBack(6) | AED関連記事ピックアップ

Q&A(6)

○AEDに関するQ&A
Q6:心室細動とはど心室細動のような状態ですか?
A:心臓が正しいリズムで脈動せずに小刻みに震え、心臓がポンプとして機能せず血液を送り出せない状態です。
  心臓が正常に動かないままだと発症から10分前後で殆どの場合、死に至ります。
  速やかにAEDを使用してください。
posted by お助けマン at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDに関するQ&A

心肺蘇生(二名で行う場合)

○心肺蘇生(詳細説明7-2)
7−b.二名で行う場合
胸骨圧迫の担当を5サイクル(約2分)おきに交代するようにしましょう。交代に要する時間は5秒以内とします。
posted by お助けマン at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心肺蘇生法(人工呼吸)

設置台数1年で倍増 人口当たり最多は福井県

<AED>設置台数1年で倍増 人口当たり最多は福井県
他の県も増やしてほしいものです。

---記事抜粋---
3月3日19時39分配信 毎日新聞

停止した心臓を電気ショックで蘇生させるAED(自動体外式除細動器)の設置台数が昨年末で約12万9000台に達し、この1年でほぼ倍増したことが、厚生労働省研究班(主任研究者・丸川征四郎兵庫医科大教授)の調査で分かった。04年7月に一般市民でも利用可能となったのを受けて急増し、3年で設置台数は約20倍になった。
調査によると、AEDの68%は一般向けに駅や空港、公共施設、人の集まる場所などに置かれ、東京都内に約1万3000台、次に多い愛知県には約5700台ある。人口当たりの台数では都道府県別で3倍近い差があり、人口10万人当たりで最も多い福井県が117台なのに対し、最も少ない奈良県は38台。東京都は3番目に多い105台だった。
総務省消防庁の調査では、AEDを使うと救命できる率が約3倍になることから、厚労省は適切な使用方法の啓発を進めるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000084-mai-soci
posted by お助けマン at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | AED関連記事ピックアップ

AED、つながる命の鎖 市民利用から3年半

AED、つながる命の鎖 市民利用から3年半/仙台
うれしいニュースです。

---記事抜粋---
2月27日14時29分配信 河北新報

心肺停止状態に陥った人に電気ショックを与えて正常に戻す「自動体外式除細動器(AED)」を一般市民が使って応急手当てし、一命を取り留めるケースが、仙台市内で相次いでいる。AEDは昨年末現在、体育館など市の施設に199台が設置され、銀行や百貨店などでも配備が進む。医師や救急隊だけでなく、一般市民が扱えるようになって3年半。救命講習を受ける人も増え、着実に浸透している。
仙台市消防局によると、市民からAEDと心肺蘇生(そせい)法を受け、順調に回復した例は2005年に1件、07年に2件。今年も既に2件あった。
AEDは虚血性心疾患やスポーツ中のアクシデントで心臓が小刻みに震え、血液を送り出せなくなる「心室細動」に有効で、心臓マッサージと併用する。04年7月に市民の利用が認められた。
昨年、一命を救われたのは泉区の江戸通博さん(68)。8月上旬に三越仙台店前の路上で急性心筋梗塞(こうそく)で倒れ、三越警備員の加納卓也さん(34)=東松島市=がAEDで電気ショックを与えて心臓マッサージを施した。
救急隊に運ばれ、病院搬送後も厳しい状態が続いたが、20日ほどで退院。今は後遺症もなく過ごす。江戸さんは「応急処置が早かったおかげで助かった」と感謝する。
加納さんは3年前に市消防局の上級救命講習を受け、毎年普通救命講習を受講している。「機材の音声指示通りにやればいいので、扱いは難しくない。多くの人に講習を受けてほしい」と語る。
自宅などで心疾患で倒れ、搬送前後に亡くなる数に比べると、助かったケースは一部にとどまる。
しかし、市消防局の応急手当講習を受けた市民は昨年、普通救命、上級、普及員講習の3コース合わせて2万3498人で、前年より6%増えた。日本赤十字社宮城県支部なども講習を行い、市民の意識は高まっている。
16日に仙台社会保険病院で行われた講習会では、近くの住民が看護師から心肺蘇生の実践法を学んだ。
東北大病院高度救命救急センターの遠藤智之医師(34)は「心室細動に陥ってから約10分たつと、心臓が元通りの状態になるのは難しい。AEDと心臓マッサージに対する理解を広めて市民から救急隊、病院へと、救命の鎖を切らさないことが大切だ」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080227-00000019-khk-l04


posted by お助けマン at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | AED関連記事ピックアップ

AEDに関するQ&A(5)

○AEDに関するQ&A
Q5:AEDを使用して、万が一傷病者が死亡してしまった場合は、責任を問われませんか?
A:厚生労働省の通達により、救急の現場に居合わせた一般市民がAEDを用いることは、医師法、刑事、民事の責任においても、人命救助の観点から、やむを得ず行った場合には、免責されることとなっています。
  ただし、その原因が使用方法に誤りがあった場合や、AED自体に機器の異常があった場合などは、ケースバイケースの判断になります。
posted by お助けマン at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDに関するQ&A

心肺蘇生(一名で行う場合)

○心肺蘇生(詳細説明7-1)
7−a.一名で行う場合
まず、119番通報を行います。人工呼吸を2回行い、1分間に100回の速さの心臓マッサージを30回行います。
その後に、また2回の人工呼吸を行い、心臓マッサージを続行します。心臓マッサージと人工呼吸は、傷病者が息を吹き返すまで、または救急隊に引き継ぐまで継続します。
posted by お助けマン at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心肺蘇生法(人工呼吸)

AED:店長・社員ら参加、操作法学ぶ 滋賀スバル全店舗に設置 

AED:店長・社員ら参加、操作法学ぶ 滋賀スバル全店舗に設置 /滋賀
もしもが無いことが1番ですが、それに備える必要性はありますよね。
---記事抜粋---
2月23日18時1分配信 毎日新聞

滋賀スバルは22日、草津市野路町の本社で、県内10店舗の店長や本社社員らを対象にしたAED(自動体外式除細動器)の実技訓練をし、約30人が参加した。同社によると、県内の自動車販売店で、AEDの導入は初めてという。
AEDは心臓に電気ショックを与え、機能を回復させる装置で、同社は地域社会への貢献のために導入。既に全店舗に設置した。
この日、参加者は、さまざまな事態を想定して訓練し、AEDの操作方法を学んだ。
本社営業支援部の脇坂史子さん(35)は「知識があると、もしものときに役に立てます」と話していた。【金志尚】

2月23日朝刊
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080223-00000324-mailo-l25

posted by お助けマン at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | AED関連記事ピックアップ

Q&A(4)

○AEDに関するQ&A
Q4:AEDの講習の必要性は?
A:厚生労働省の通知では、一定期間内に複数回使用する可能性のある人は、AEDの使用に必要な講習を受講していることを条件としていますが、一般の方は講習受講必須ではないものと考えられます(出来れば受講することが望ましいと思います)。
  講習は、消防署及び日本赤十字社が行っています。
posted by お助けマン at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | AEDに関するQ&A

心臓マッサージ(胸骨圧迫心臓マッサージ)

○心肺蘇生(詳細説明6)
6.心臓マッサージ(胸骨圧迫心臓マッサージ)
心臓マッサージは、胸骨圧迫を反復することによって心拍出量を得て、酸素の含まれた血液を循環させようとするものです。
心臓マッサージの圧迫位置は左右の乳頭を結ぶ線の胸骨上に、一方の掌の付け根に他の手を添えて、1分間に100回の速さで30回行う。
この場合、胸骨下端の剣状突起部を圧迫しないよう、また両手の指が胸部を強く圧迫しないよう注意が必要です。心臓マッサージを行う場合は、肘を真直ぐにして体重をかけ、胸骨が4〜5cm沈むまでしっかりと行います。傷病者の床面が硬ければ心臓マッサージの効果が上がります。
posted by お助けマン at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心肺蘇生法(人工呼吸)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。